心療内科・精神科
medicals

メインビジュアル

心療内科と精神科について

心療内科について

心療内科は、様々なストレスからくる(こころに原因がある)身体の病気を取り扱います。
例えば動悸、腹痛・下痢などの症状で内科などを受診しても、異常が見つからず、その後も症状が改善しないときには心療内科の受診をおすすめします。

そのほか、下記のようなことでお困りの場合もお気軽にご相談ください。

 

 

  • 食欲がない
  • よく眠れない
  • 些細なことが気になり、何度も確認してしまう
  • 気分が落ち込んで何もする気がおきない
  • 不安感が強く、時にはパニックになってしまう
  • 外出すると人から見張られている、自分のことを噂されている気がする
  • 特に最近の記憶が悪くなり、忘れっぽい、物を置き忘れる、ガスや水道の栓を閉め忘れる、約束を忘れる、といったことがしばしばくり返しみられるようになった

 

 

また、「神経内科」という科もあります。
身体の動きがおかしい、振るえ、痺れ、傾き、力が入らない、めまいがするなど、神経系の異常が疑われる場合には、「神経内科」の受診をおすすめします。

精神科について

「精神科」は「こころ」の症状や病気を扱う科であり、「こころ」の病気そのものを治療します。例えば、強い不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想といった症状です。
精神科は、躁うつ病(双極性障害)、統合失調症など、主に精神的な症状が強く現れる精神障害の治療を行います。
とはいえ、人を傷つける可能性や、自殺の意思が強い患者さんに関しては対応困難です。
自傷他害の可能性がある患者さんは場合によっては隔離して対処することが必要になるため、最初から入院施設がある精神科を受診するほうが適切な治療が受けられることになります。  

  

 

 

リンク

うつ病とは

うつ病は誰にでもかかりうる、こころの病気です。うつ病になると、こころにもからだにも不調が現れ、元気がなくなり、自分が思うように動けなくなることがあります。
気持ちの問題ではないため、気力で解決できるものではありません。治療が必要な病気です。
こころやからだにこんな症状ありませんか?

 

 

  • 何に対しても、興味が持てない
  • 憂うつ
  • 気がすすまない、やる気がでない
  • 落ち着かない、いらいらする
  • もの悲しい、泣きたくなる
  • 眠れない
  • 食欲・体重が落ちた
  • 疲れやすい、からだがだるい
  • 頭が痛い
  • ゲリがち

 

 

うつ病の原因

うつ病やうつ状態の原因は「気の持ちよう」によるものではなく、脳内物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)のバランスが崩れているといわれています。

 

うつ病の治療

うつ病の治療を始めると、数カ月かけて「良くなったり悪くなったり」を繰り返しながらゆっくりと回復します。 早くよくなる症状もあれば、時間がかかる症状もあるので、ゆったりとした気分であせらず服薬を続けることが大切です。
おくすりを急に止めてしまうと、めまいや頭痛、憂うつな気分が悪化することがありますので、自分の判断で止めないことが大切です。

環境のストレスが大きい場合は調整可能かどうかを検討します。過去にいろいろな場面でうまく適応できず、うつ状態になっているような人で、性格面で検討すべき課題がある場合は、精神療法として一緒に考えていく必要があります。

 

抑うつ気分、抑うつ状態、うつ病のちがい

「憂うつである」「気分が落ち込んでいる」などと表現される症状を抑うつ気分といいます。抑うつ状態とは抑うつ気分が強い状態です。うつ状態という用語のほうが日常生活でよく用いられますが、精神医学では抑うつ状態という用語を用います。このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、うつ病と呼んでいます。

 

うつ病の分類

うつ病の代表的な分類方法です。原因からみて外因性あるいは身体因性、内因性、心因性あるいは性格環境因性と分ける場合があります。


  • 身体因性うつ病とは、アルツハイマー型認知症のような脳の病気、甲状腺機能低下症のような体の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合をいいます。
  • 内因性うつ病というのは典型的なうつ病であり、普通は抗うつ薬がよく効きますし、治療しなくても一定期間内によくなるといわれます。ただ、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、早く治療したほうがよいことは言うまでもありません。
  • 心因性うつ病とは、性格や環境がうつ状態に強く関係している場合です。抑うつ神経症と呼ばれることもあり、環境の影響が強い場合は反応性うつ病といもいいます。

このような原因を重視したうつ病分類とは異なる視点からの分類が最近、よく用いられています。たとえば、アメリカ精神医学会が出しているDSM-Ⅳという診断基準には「気分障害」という項目があり、それをうつ病性障害と双極性障害に分けています。さらにうつ病性障害の中に、一定の症状の特徴や重症度をもつ大うつ病性障害と、あまり重症でないが長期間持続する気分変調性障害があります。上記二つの分類法は異なる立場からの分類であり、それぞれに長所と短所があります。時に「内因性うつ病=大うつ病性障害」「抑うつ神経症=気分変調性障害」のように誤解している方がいますが、適切に使い分けることが大切です。

 

不眠症(睡眠障害)

夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が1ヶ月以上続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こり、日常生活を送るうえで支障がおきる状態のことです。
現代の複雑多様なストレス社会にあって、不眠に悩まされている人は多く、日本では一般人口の約20%の人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。
多くの人が悩んでいる不眠は、心理・社会的ストレスによる反応として現れます。
自分では処理できない過重な責任や悩み、緊張状態などで眠れなくなる場合と、ストレスによって生活のリズムが乱れたり、就寝前の過剰な飲酒・喫煙あるいは刺激物などの生活習慣が変化したりすることによって睡眠障害になる場合があります。

 

 

◆不眠症(睡眠障害)の症状 ◆

・入眠障害
寝つきの悪いタイプで、眠ろうとすればするほど眠れなくなるが、いったん入眠すると朝まで眠れるというもので、不眠症の中では一番多くみられます。

・中途覚醒、熟眠障害
眠りが浅く、すぐに目が覚める、夢ばかりみて眠った気がしないタイプで、老人の不眠や慢性的なストレス状態で多くみられます。

・早朝覚醒
朝早く目が覚め、その後眠れないというタイプで、高齢者に多い傾向があります。
ただし、就眠が早すぎるだけで全体の睡眠量は足りているということもあります。

 

 

◆不眠症(睡眠障害)の治療 ◆

不眠の人には、得てして「どうしても寝なければいけない」という思い込みや、「まったく眠れない」「一睡もできなかった」といったような極端な考え方をする人が多い傾向があります。
これでは眠ることに意識過剰になり、かえって緊張状態になって、ますます不眠が強くなるという悪循環をきたすようになります。こういう場合は、「完全に眠れなくても大丈夫だ」というようにこだわりをゆるめることが大切です。
日本人を対象にした調査によれば、5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と回答しています。
加齢とともに不眠は増加し、60歳以上の方では約3人に1人が睡眠問題で悩んでいます。
そのため通院している方の20人に1人が不眠のため睡眠薬を服用しています。不眠症は特殊な病気ではありません。よくある普通の病気なのです。
不眠に対する薬物療法はあくまでも対症療法です。
睡眠薬の使用にあたっては、その副作用、依存性の問題があるので、不眠症のタイプにあった適切な薬剤を選択することが重要です。
医師の指示を守ることは原則ですが、減らす工夫をすることも大切です。



◆不眠への対処法◆

不眠対処の第一歩は先に挙げたようなさまざまな不眠の原因を診断し、取り除くことです。それに加えて自分流の安眠法を工夫することが効果的です。安眠のためのコツを以下にまとめました。


就寝・起床時間を一定にする

睡眠覚醒は体内時計で調整されています。週末の夜ふかしや休日の寝坊、昼寝のしすぎは体内時計を乱します。平日・週末にかかわらず同じ時刻に起床・就床する習慣を身につけることが大事です。


睡眠時間にこだわらない

睡眠時間には個人差があります。「◯◯時間眠りたい!」と目標を立てないでください。
どうしても眠気がないときは思い切って寝床から出てください。寝床にいる時間が長すぎると熟眠感が減ります。日中に眠気があるときは午後3時前までに30分以内の昼寝をとると効果的です。


太陽の光を浴びる

太陽光など強い光には体内時計を調整する働きがあります。光を浴びてから14時間目以降に眠気が生じてきます。
早朝に光を浴びると夜寝つく時間が早くなり、朝も早く起きられるようになります。すなわち「早寝早起き」ではなく「早起きすることが早寝につながる」のです。逆に夜に強い照明を浴びすぎると体内時計が遅れて早起きが辛くなります。


適度の運動をする

ほどよい肉体的疲労は心地よい眠りを生み出してくれます。運動は午前よりも午後に軽く汗ばむ程度の運動をするのがよいようです。 厳しい運動は刺激になって寝付きを悪くするため逆効果です。短期間の集中的な運動よりも、負担にならない程度の有酸素運動を長時間継続することが効果的です。


自分流のストレス解消法を

ストレスは眠りにとって大敵です。 音楽・読書・スポーツ・旅行など、自分に合った趣味をみつけて上手に気分転換をはかり、ストレスをためないようにしましょう。


寝る前にリラックスタイムを

睡眠前に副交感神経を活発にさせることが良眠のコツです。ぬるめのお風呂にゆっくり入り、好きな音楽や読書などでリラックスする時間をとって心身の緊張をほぐします。半身浴は心臓への負担も少なく、副交感神経を優位にさせ、睡眠の質を向上させてくれることが分かっています。


寝酒はダメ

お酒は睡眠にとって百害あって一利なし。特に深酒は禁物です。寝酒をすると寝付きが良くなるように思えますが、効果は短時間しか続きません。飲酒後は深い睡眠が減り、早朝覚醒が増えてきます。お酒を不眠対処に使ってはなりません。


快適な寝室づくりを

眠りやすい環境づくりも重要なポイントです。ベッド・布団・枕・照明などは自分に合ったものを選びましょう。温度や湿度にも注意が必要です。睡眠のための適温は20℃前後で、湿度は40%-70%くらいに保つのが良いといわれています。

心療内科・精神科

初診予約
初診予約